経営者の判断|事業譲渡は価値あるタイミングがポイント

レディー

ビジネスに必要

握手

グローバルな展開を切望している企業は多く、海外進出の足がかりとしてどの拠点を作るか検討されることもあるでしょう。近年は海外への航空便も増え、短時間で行き来することができますし通信や物流などのインフラも整っています。特にアジア圏は距離も近くて進出しやすく、香港は昔から人気があります。アジアのマーケットを支える香港で成功することができれば、企業として大きな成長と飛躍ができることでしょう。そうしたビジネスビジョンを実現するには、入念な下準備が必要です。海外で事業展開を行なうことにより、インバウンド効果も期待出来ます。インバウンドによる収益を向上させるためにも、コンサルティングサービスを利用することが重要なポイントになるのです。インバウンド戦略を成功させることは企業の成長にも繋がるため、インバウンド専門のコンサルティング会社などに協力を依頼してみることも最適です。

香港でビジネスを進めていくには、観光ビザで行なうことができません。ですから、別で就労・投資・家族といったビザを取得する必要がありその手続を進めることが求められます。これは、必要なビザを取得していない場合に多額の罰金や重い禁錮刑に処されるからであり、ビジネス面では大きなマイナスに転じてしまいます。リスクを抱えることなく香港でのビジネスを成功させたいなら、ビザの手続きと申請はぬかりなく行ないましょう。

香港のビザは、他国と比べると審査基準が非常に厳しいです。ですから、手続きの方法や必要書類を準備しないまま進めると、リジェクトされてしまう恐れがあります。しかし、香港イミグレーションに定められている条件を理解しておけば、スムーズに取得することが可能です。このあたりは、現地とのネットワークやビジネス拠点がある専門会社の協力を得た上で対応していくと安心です。