最新記事一覧

ベランダの害鳥対策

ハト

対策前に注意すること

自宅のベランダにハトが糞をするので困っている、という人もいるかもしれません。なんとか撃退したいと思いますよね。たかが糞なので掃除をすればいい、と思う人もいるかもしれません。しかし、ハトの糞は雑菌が多いので、健康被害を被る可能性もあるのです。また、もし巣を作ってしまった場合は注意が必要です。巣の中にハトの卵や雛がいると、自治体に許可を得て撃退しないといけません。これは、鳥獣保護法という法律があるからです。もしハトが巣を作っていたら、専門の業者に巣を取り除いてもらった後に、撃退してもらわないといけません。そもそもベランダは、猫やカラスといった外敵があまりやってこないことから、ハトにとって居心地の良い場所です。そのため、巣を作りやすいのです。ちなみに、住んでいるのが賃貸物件だった場合は、撃退をするにあたり、管理側と相談する必要があります。ハトの撃退法は、主にベランダにネットを設置して入ってこられないようにします。壁に穴を開ける必要が出てくるので、管理側に許可を得ないといけないのです。また、もし同じ賃貸物件の住人の中にハトに餌をあげている人がいたら、注意してもらうといいでしょう。自分ではそこまで被害に困っていないという場合でも、ハトの糞を放置しておくことで、悪臭の原因にもなるので管理側から注意をされることもあり得ます。健康被害もあるので、きちんと掃除をしましょう。掃除を小まめにするのが嫌な場合は、やはり業者に撃退を依頼するのがおすすめです。

Copyright© 2018 マイホームをシロアリの被害から守ろう【専門業者の利用が最適】 All Rights Reserved.